木曽漆器「ちきりや」の黒内朱取り皿付き三段重
5a28a3e7c8f22c45a1001a26 5a28a3e7c8f22c45a1001a26 5a28a3e7c8f22c45a1001a26 5a28a3e7c8f22c45a1001a26 5a28a3e7c8f22c45a1001a26 5a28a3e7c8f22c45a1001a26 5a28a3e7c8f22c45a1001a26

木曽漆器「ちきりや」の黒内朱取り皿付き三段重

残り2点

¥194,400 税込

送料についてはこちら

「ちきりや」さんは、長野県木曽・奈良井宿にほど近い「木曽漆器の街 木曽平沢」にあります。ちきりやさんへ行く道筋にある奈良井宿は、昔の街道の面影をそのまま残した趣のある宿場町です。 「ちきりや」さんは、街道筋に暖簾を下げているお店。創業は寛政年間、現在の当主で7代目200年の歴史があるという老舗です。 その実力は、1930年、ベルギー万国博覧会でのグランプリ、2000年全国漆器展最高賞など数々の業績からわかります。 現当主の手塚英明さんは「代々の伝統技術を受け継ぎながら、常にその時代にあった新しい感覚を取り入れたものを創って来ています。」とのこと。 そのコンセプトのわかりやすい作品が「料理重」のシリーズ。ここでご紹介する『黒内朱取り皿付き三段重』は、三段重に小ぶりの長角の取り皿六枚が組み込まれたお重です。黒漆のお重に朱の取り皿を組み合わせて、収めた時、そしてばらして使うときに使いやすく美しい形に仕上げています。 「おせちだけではなく、お花見の際のお弁当などに取り皿も組み込んだので使いやすいと思います」 お重は、お正月のものと思わず、器と考えると使い道は広がります。特にパーティの時は、漆という素材で格調が高くなりますし、高さもあり、ふたを取ると様々なお料理が出てくるというサプライズで喜ばれます。これからの季節、ぜひおすすめしたいものです。 【商品名】黒内朱取り皿付き三段重 【商品サイズ】210mm×180mm×高さ210mm 【材質】桂・シナ はな組公式ページはこちら↓ http://www.hanagumi.style/